神奈川県茅ヶ崎市の国道1号線に3月14日から使う事が出来る自転車専用レーンができました。

新栄町交差点から鳥井戸橋までの区間限定で、駅のそばでさらにショッピングモールや市役所がある為に、歩行者・自動車・自転車が多く事故が多発していたようです。

私もロードバイクに乗って行動をしていますが、路肩を走るのは常に恐怖との戦いです。

路上駐車はさけなければならないし、急に左折してくる自動車もいるので常に全身の神経を尖らせて走っています。

タイヤの細いロードバイクは路肩の排水溝等の段差も非常に怖いので最近はマウンテンバイクにかえようかと悩んでいるところです。

いつも自転車部品を購入するマルスマート
に折りたたみのマウンテンバイクなんかもおいてあったのでかなり使えるんじゃ無いかと考えています。

自転車専用レーンが出来ると、歩行者や自動車に対して使う神経が多少緩和されるので自転車乗りとしては非常に有用だとは思いますが、ルールを徹底させる事の方が安心した通行が出来るのかなと感じます。

赤信号だけど交通が無いから道路を横断するとか、ちょっとくらいだから路上駐車するとか、そういった慢心が生まれないよう、徹底的な取り締まりをする事も大事なのかなと感じました。